犬の生態

犬はもともとオオカミと同じように、群れで生活する動物です。
群れで獲物を捕まえたり、外敵から身を守ったりしています。

しかし、家族の一員となった犬の場合、群れの仲間は家族みんなです。
群れ(家族)の中でひとりぼっちだと、犬は寂しくて不安になってしまいます。
犬は、いつも家族みんなと一緒にいるのが幸せなのです。
毎日散歩や触れ合いを十分に行い、いつも飼い犬が家族の愛情を感じられるような生活を送ってあげましょう。

飼い犬にいつも勝手気ままにさせていたり、甘やかしていると、どんどんわがままになってしまいます。

わがままが強化されてしまうと、飼い主のいうことを聞かなくなります。
こうなると…気に食わないときに、唸りだしたり、咬んだりすることがあります。

飼い犬に良かれと思ってアレコレやってあげることが、実は、わががまな犬にさせてしまうかもしれませんよ。

さてそもそもこの「夜行性」とは一体どのような生態なのでしょうか。

夜行性とは、採食や生殖などの活動を主に夜間に行う生態のことです。この生態を持つ動物には例えばコウモリやオオカミ、フクロウなどが挙げられます。

こうした夜行性の動物は、昼間は明るく天敵にも狙われやすいため、昼行性の動物と異なる時間に活動し、捕食される危険性を回避しています。また中には昼間の直射日光から体を守るために、昼は物陰や地中に隠れて夜間に活動を行う動物もいます。

また夜行性の動物は、夜間は光がほとんどないことから、聴覚や嗅覚など視覚以外の感覚が発達しています。一方で昼行性である人間は視覚が発達しており、明るい光の下で物体を立体的に捉えたり、色を認識したりすることに優れています。しかし聴覚や嗅覚は、夜行性の動物ほど発達していません。

こうしてみると、夜行性の動物と昼行性の動物とは、異なる進化の過程をたどってきたことがはっきりと分かります。

イヌの歩き方は、指で体を支える趾行(しこう)性で、肉球(4つの指球(趾球)と1つの掌球(蹠球))と爪が地面につく。爪は先が尖っており、走るときにスパイクのような役割をする。ただし、ネコ科のものほど鋭くはない。爪を狩りの道具とするものが多いネコ類とは異なり、イヌ科の動物は爪を引っ込めることができず、各指はほとんど広げることができない。ネコ類と同じく、第3指(ヒトでいう中指)と第4指(薬指)の長さが同じである。後肢の第1趾は退化して4本趾の構造となっているが、たまに後肢が5本趾のイヌもいる(こうしたイヌの後肢の第1趾は「狼爪」と称する)。前肢は5本指の構造となっているが、やはり、その第1指(親指)も地面には着かない。一部のマウンテンドッグは狼爪が2本あるものもある。狼爪は幼少時に切除される場合が多いが、前述のマウンテンドッグの場合には切除しない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です