動物介護士になりたい。

現在、動物介護士になりたくて奮闘中です。

まだまだ実力が伴いませんが、なんとか頑張っています。

私は、犬や猫、ウサギが大好きです。

どうしても動物介護士の資格を取りたくて仕方ありません。

努力あるのみです。

近々、いい報告をこのブログに乗せたいと思っております。

宜しくお願い致します。

犬の生態

犬はもともとオオカミと同じように、群れで生活する動物です。
群れで獲物を捕まえたり、外敵から身を守ったりしています。

しかし、家族の一員となった犬の場合、群れの仲間は家族みんなです。
群れ(家族)の中でひとりぼっちだと、犬は寂しくて不安になってしまいます。
犬は、いつも家族みんなと一緒にいるのが幸せなのです。
毎日散歩や触れ合いを十分に行い、いつも飼い犬が家族の愛情を感じられるような生活を送ってあげましょう。

飼い犬にいつも勝手気ままにさせていたり、甘やかしていると、どんどんわがままになってしまいます。

わがままが強化されてしまうと、飼い主のいうことを聞かなくなります。
こうなると…気に食わないときに、唸りだしたり、咬んだりすることがあります。

飼い犬に良かれと思ってアレコレやってあげることが、実は、わががまな犬にさせてしまうかもしれませんよ。

さてそもそもこの「夜行性」とは一体どのような生態なのでしょうか。

夜行性とは、採食や生殖などの活動を主に夜間に行う生態のことです。この生態を持つ動物には例えばコウモリやオオカミ、フクロウなどが挙げられます。

こうした夜行性の動物は、昼間は明るく天敵にも狙われやすいため、昼行性の動物と異なる時間に活動し、捕食される危険性を回避しています。また中には昼間の直射日光から体を守るために、昼は物陰や地中に隠れて夜間に活動を行う動物もいます。

また夜行性の動物は、夜間は光がほとんどないことから、聴覚や嗅覚など視覚以外の感覚が発達しています。一方で昼行性である人間は視覚が発達しており、明るい光の下で物体を立体的に捉えたり、色を認識したりすることに優れています。しかし聴覚や嗅覚は、夜行性の動物ほど発達していません。

こうしてみると、夜行性の動物と昼行性の動物とは、異なる進化の過程をたどってきたことがはっきりと分かります。

イヌの歩き方は、指で体を支える趾行(しこう)性で、肉球(4つの指球(趾球)と1つの掌球(蹠球))と爪が地面につく。爪は先が尖っており、走るときにスパイクのような役割をする。ただし、ネコ科のものほど鋭くはない。爪を狩りの道具とするものが多いネコ類とは異なり、イヌ科の動物は爪を引っ込めることができず、各指はほとんど広げることができない。ネコ類と同じく、第3指(ヒトでいう中指)と第4指(薬指)の長さが同じである。後肢の第1趾は退化して4本趾の構造となっているが、たまに後肢が5本趾のイヌもいる(こうしたイヌの後肢の第1趾は「狼爪」と称する)。前肢は5本指の構造となっているが、やはり、その第1指(親指)も地面には着かない。一部のマウンテンドッグは狼爪が2本あるものもある。狼爪は幼少時に切除される場合が多いが、前述のマウンテンドッグの場合には切除しない。

動物介護士になりたい

「愛玩動物介護士」とは、犬猫の一生の半分を占めるシニア期に、ペットと向き合うために必要な介護知識を学ぶペット資格通信講座です。家族の一員である愛犬、愛猫をいつまでも健やかに飼養するために、ペットのしつけトレーナー、動物看護師、動物介護士ペットシッターなどの業務に活かすために、必ず役立ちます。シニア期を迎える、または、シニア期のペットと暮らす飼い主様、現場で知識を活かしたいペット事業者様にお勧めのペット資格講座です。

ペットの体の変化やかかりやすい病気を理解しながら、知識を活かしたシニア期のペット介護をこの通信講座から学んでください。

動物介護士講座・スクール比較
動物介護士資格の種類
動物介護士の民間資格はいくつかありますが、代表的なものを以下にまとめましたので、取得を目指す際の参考にしてみてください。

●ペット介護士
群馬県のドッグコミュニティーパーク「世界の名犬牧場」と通信講座大手の「がくぶん」が認定する資格です。がくぶんの通信講座「ペット介護士養成講座」を修了することで資格認定を得ることができます。通信講座の標準学習期間は6ヶ月程度です。

動物介護士講座・スクール比較
給料・年収分析
動物介護士の平均年収
動物介護士の年収は、全国平均で約200万円台前半です。月収で見れば、15万円が目安となります。手取りでは、10万円台前半です。国税庁の「平成26年分民間給与実態統計調査結果」によると、給与所得者の平均年収は415万円だったので、動物介護士の年収は、低い水準であることがわかります。勤務先によって給与体系が異なるため、各種手当や福利厚生などの面で、若干の差はあります。ボーナスや賞与は、それほど好待遇ではありません。また動物病院や老犬ホームで勤務をする場合は、夜勤や早朝出勤の手当てが支給されます。その場合でも、月収では18万円くらいで20万円以上になるケースは数多くありません。この待遇条件の求人募集でも、応募が集まるためだと考えられます。

動物介護士の勤務先は、動物病院から老犬ホーム、デイサービス、ペットホテル、トリミングなどのケア施設、ペットシッター系の会社まで多岐に渡ります。どの勤務先でも、日勤の場合はシフト制になっています。ほとんどが2交代制を採用しており、早番と遅番に分かれます。例えば、早番が9時~17時、遅番が12時~20時となります。また動物病院や老犬ホームでは夜勤・当直勤務があります。その場合は、3交代になります。例えば、早番が7時~15時、遅番が15時~23時、夜勤が23時~7時といったローテーションで、毎月のシフトが組まれます。夜勤は、月に4回前後が目安です。夜勤明けは休日になることが多くあります。しかしながら、休日は月に5回ほどです。多くても7日~8日で、土日祝での休みや2連休を取ることは難しいでしょう。

健康や介護に関心がある人
動物介護士はペットたちが元気に、そして健康に過ごすためのアドバイスをする専門家です。人間、ペットにかかわらず、健康への関心が高い人には楽しんでできる仕事だと思います。日ごろから食生活に気を配っていたり、体のために運動をするように心がけているという人には、適性があるでしょう。ペットたちも人間と同じく、きちんと体調管理をしたりメンタルのケアをしてあげていると、みるみる状態がよくなっていきます。それは若いペットも、介護が必要になるほどの高齢のペットも同じです。動物たちに愛情をもって接し、「どうしたらもっと元気になってくれるかな」と考え続けられる人には、天職とも言える仕事です。

カコトリミングスクール カコ動物看護学院
ペット資格通信専門校「日本ケンネルカレッジ」
動物介護士講座の資料請求
動物介護士の資料請求

■犬や猫が寿命をまっとうするまで責任を持って飼うことができますか。犬や猫は10年以上生きます。
■家族全員で根気よくしつけや世話ができますか。
■経済的な余裕はありますか。毎日のえさ代や病気をした時の治療費などが必要になります。犬の場合、登録・狂犬病予防注射代も必要です。
■犬や猫を飼うことができる環境ですか。鳴き声などで周りの迷惑になりませんか。
■不幸な子犬や子猫が生まれないように不妊・去勢手術ができますか。
■もし、思わぬ転勤や病気等で飼えなくなったとき、その動物を引き取ってくれる受け皿はありますか。